釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

初アマゴ!人生2度目の渓流は益田川支流をベイトで挑む

      2015/01/19

けけけけ渓流行きたい。
よし、ならば行こう。タックルはもちろんベイトオンリー。

人生2回目の渓流である。
正直ポイントなぞわからん。
ググったところでバス釣りと違い釣り人がよく訓練されているせいか具体的なポイントなんて一切合切ひっかからない。 とはいえ一応下調べしていると3月のこの時期、ルアーではボウズ当たり前みたいな記述をちらちら見かけて戦慄する。

いや待て。
釣りにボウズはつきものではないか。
今までがおかしかったのだ。
ボウズから何かを得られればそれでよいではないか。
いざ雪中行軍ぞ。

などど息巻いてみたものの向かった先は雪もそれほど残っていない益田川。
土地勘も何もない。遊魚券を買った時に貰った地図とにらめっこ。
放流絡みはだめだ、どうせ餌師が沢山いる。放流魚なぞいなくていいから誰もいなくて尚且つ条件のいい支流を探す。半ば勘。
その勘を頼りに支流に車を向かわせる。
いける。この場所は決して悪くないはず。
準備をして日の出を待つ。外気温3度。そこまで寒くない。

a99390281-580x435[1] こんな感じのところから入渓。

生命感はゼロ。
本当に魚いんのかここ。
そう、これがまさに渓流の怖いところ。
偏光グラスを忘れた為チェイスの有無すら確認できない。
スピアヘッドリュウキ 45Sちゃん頼んだぜ。

基本アップやアップクロス気味にミノーを通すのだけれど気になった箇所にはダウンからも投げる。ダウンだとリップに水を超受けてものすごいブルブルして楽しいっておい、今のブルブルは魚のそれじゃないのか。

きたああああああああああああ。

70e1ffb31-580x435[1]

e6200bf31-580x435[1] まさか開始から30分でボウズ回避。
本当にボウズを覚悟をしていたし本当に嬉しかった。 もう、声出して叫んだもんね。

サイズとかどうでもいい。
支流選び、ポイント選びから流すコースまで全て自分の力だけでやって釣れたという達成感。まして渓流2回目ともなれば尚更だ。

7de850b51-580x435[1] 綺麗なアマゴ。リリースサイズってのが残念だけどヒレも全て鋭角だし放流モノでないのは確か。
しかしどの写真もピンが甘いな。

そのうち雨が降り出すも続行。遡れるだけ遡る。
朝の1匹以外に生命反応は無し。
雨足が強くなり一旦川から出る事を決意。
じゃけんあそこの淵を撃ってからにしましょうねー。
これまた絵にかいたようないい淵。
10分くらいかけてコースやアクションを変えて通す。
まさにその10分目くらいに「お前今までどこにおったん」と思わずツッコミ入れたくなるような感じで20センチくらいの何かが飛び出してきた。おおおおおおおお、バラしたくないいいいいいいいいと思ったのもつかの間フックが外れてサヨウナラ。その後何度ミノーを通しても反応ないので川から上がる。

昼食後は支流を探してドライブするもいい感じの支流は見当たらない。
地図に載ってない林道をひた走りどうせ時間的にここが最後の支流っぽいので竿を出すことに。
f2b003f61-580x435[1] 雰囲気はいいんだけれどねえ。

浅い。
遡っても遡っても浅い。
20分程撃って歩いたところでギブアップ。
日の入りまではまだだいぶ時間はあるが岐路についた。

 - 飛騨川

Comment

  1. 岐阜のバサー より:

    お久しぶりです。
    いやー、渓流いいですね!
    まだ移動の術もなく、道具もないので
    行ったことがないです・・・
    いつか行ってみたいな・・・
    いいタックルですね!
    羨ましいです・・・^^;

  2. よしだ より:

    >岐阜のバサーさん
    コメントありがとうございます。
    興味あるようでしたら全然乗せていきますよー。って以前メアド晒した気がするので気軽にメールください。
    タックルは管釣りと兼用です。お金ないっす切実に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

rs_DSC_0084-560x374[1]
秋アマゴを求め飛騨川本流ルアー釣行

益田川渓流釣行 今回の釣行は茶坊主さんとクロロンさんとでランデブー。 今回は飛騨 …

d6d697241-580x435[1]
尺イワナ!?益田川支流で記録更新

琵琶湖に行こう琵琶湖に行こうと思っていたのだが目覚めると朝の4時。 これでは琵琶 …

DSC_0673
4月23日 益田川釣行

夏だ!川だ!釣りだ! という7月も半ばに差し掛かろうとしている現在にこの記事を書 …

rs_DSC_0019

そうだ。渓流行こう。 いつもそんなこと思いつつなかなか行けていない。 これはいけ …

cd3913a41-580x435[1]
自然がいっぱい。益田川渓流ルアー釣行

初バスを釣ったというのにまさかの渓流釣行。 年券もあるので益田川支流へ。 朝は前 …

rs_DSC_0174_rs-560x374[1]
飛騨川で釣り名人と出会う

御岳山が噴火したその日その時間、ちょうど御岳山の近くで釣りをしていた。ああいった …

rs_DSC_0032-560x374[1]
8月32日を探しに渓流でルアーを放り投げてきた

益田川渓流釣行 今回もすこすこねっとの茶坊主さんとご一緒に。いつもお世話になりま …

4fb5d9661-580x435[1]
渓流3回目も益田川支流をベイトで挑む

先週に続き今週も益田川へ。 全然ポイントがわからないので朝はドライブしつつポイン …

rs_DSC_0803-560x374[1]
シマノのスポーツカメラをテストしに益田川へ

突然のお誘いを受けて茶坊主さんと渓流に。 一人でも行く予定だったのでとても有難い …

40e385d21[1]
益田川渓流ルアー釣行で熊に遭遇 尺岩魚×1

野生の熊との邂逅は幸か不幸か。 今回は幸いだったといえる。 今回は嫁と益田川へ。 …