釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

なかなか厳しい!益田川支流で渓流ルアー釣り

      2023/04/19

rs_DSC_0134

昔っから使ってるカルカッタコンクエストシャロースペシャル。

時代遅れもなんのその、壊れるまで使ってやるぜ!という意気で飛騨川の渓流ルアーフィッシングへ。

今回はちょっと遠出してかなり山奥まで行ってみる。

スマホの電波がろくに通じないところに来ると渓流に来たって感じがして非常に気分が上がる。

奥地ということで3月も半ばに差し掛かろうというのにちょいちょい大きなつららが見えるものの、今年の春は暖かいせいか雪は殆ど残っていない。山の上の谷間にほんの少し見える程度。

逆に考えると雪解け水もガンガン入ってきてるということが予想されるので釣果は芳しくなさそう。

ともあれ投げなければ始まらない。

とにかく投げて山を登る。

が、なかなかチェイスすら見えてこない。

そんな中白泡の中でようやくヒット。

rs_DSC_0131

ヒットルアーはダイワのシルバークリークミノー44S

デュオのリュウキでもいいんだけどシルバークリークミノーのほうが気持ち丈夫な気がする。

たぶんアルミシールのおかげで割れにくいんだろうなって感じ。

ちょっとサイズ的にリリースサイズなんだけどフックが頭に刺さってしまってかなり弱ってしまった。

rs_DSC_0133

リリースしてもすぐに死んでしまうのは目に見えていたので、これはどうしたものかと悩んでいたけど折り畳みナイフを持っていたのを思い出す。

皮を剥いでその場で3枚におろす。

醤油はないけどそのまま生で頂く。

命の味がして美味しいのもあるけれど、単純に釣りたてなので雑味のない淡泊さで美味い。

中骨についた身も小骨ごと頂く。

これだけしても気持ち的にはやや後味が悪いので渓流で使うルアーは全般的に細軸のバーブレスにしてほしいなーなどと考えながら納竿。とりあえず帰ってすぐにアマゾンでバーブレスフックをポチりました。

 - 飛騨川

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

0014424e1-580x435[1]
禁漁間近の益田川渓流本流ルアー釣行 アマゴ23センチ

禁漁が控えているので釣り納め。 が、人が多い。 いつもか閑散としている谷から支流 …

rs_DSC_0084-560x374[1]
秋アマゴを求め飛騨川本流ルアー釣行

益田川渓流釣行 今回の釣行は茶坊主さんとクロロンさんとでランデブー。 今回は飛騨 …

rs_DSC_0032-560x374[1]
8月32日を探しに渓流でルアーを放り投げてきた

益田川渓流釣行 今回もすこすこねっとの茶坊主さんとご一緒に。いつもお世話になりま …

rs_DSC_0748-560x374[1]
渓流で野犬(?)に絡まれる

新規発掘も兼ねていざ渓流へ。 全く知らない場所だがアマゴの稚魚とカワムツがいらっ …

rs_DSC_0116
2023年渓流解禁!3月5日の益田川支流

渓流解禁! というわけで解禁して早々思い立ち飛騨川こと益田川の支流へ赴くことに。 …

40e385d21[1]
益田川渓流ルアー釣行で熊に遭遇 尺岩魚×1

野生の熊との邂逅は幸か不幸か。 今回は幸いだったといえる。 今回は嫁と益田川へ。 …

69ffd8621-580x435[1]
益田川渓流釣行

ブログタイトル変えたほうがいいくらい渓流釣行が続く僕です皆さんごきげんよう。 例 …

317b18741-580x435[1]
お盆最終日益田川支流ルアー釣行 イワナ29センチ アマゴ24センチ

お盆最終日。嫁と割と近場の益田川へ。 今日のミッションは嫁にアマゴを釣らせること …

rs_DSC_0019
2022年飛騨川初釣行

そうだ。渓流行こう。 いつもそんなこと思いつつなかなか行けていない。 これはいけ …

4fb5d9661-580x435[1]
渓流3回目も益田川支流をベイトで挑む

先週に続き今週も益田川へ。 全然ポイントがわからないので朝はドライブしつつポイン …