釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

初の二桁か。益田川渓流釣行

      2015/01/19

とくにすることもないので、そうだ、渓流、行こう。
こういう時に年券があるとすごい捗る。
昼からでもお金勿体ないとか全然ならない。

益田川漁協管内には午後1時過ぎに着く。
せっかくなので新規発掘と意気込みかなり穴場を発掘するもいざ川を見るとちょっとプアーな匂い。魚はいると思うけどね。悩んだ末スルーを決め込み、記念すべき益田川初釣行で赴いた場所に行くことに。実は雪が深すぎて上流部に入れなかった。今回はその上流部を攻めることに。

入渓して早々チェイスがかかりテンションが上がる。いるじゃない。
とはいえ簡単に釣れない。
なかなか釣れない。
1時間程経ったろうか。ようやく1本。
07b485441-580x435[1]あれ、岩魚。ここ岩魚いるんだ。
へえと感心しつつこのサイズの岩魚をもう1本追加。
写真を撮っていたら逃げられた。

明らかに魚影が濃くなってきた。
魚影が濃くなってきたというか、チェイスのかかる率が高いというか。
d7c718851-580x435[1]まさかのこんなサイズまで。すごいな岩魚。

d86ed9a51-580x435[1]真っ黒。黒いほうが格好いい。とはいえサイズが伸び悩む。

このサイズをもう1匹追加して気付く。
5360f88b1-580x435[1]言われてみたら岩魚域のような。
そして今日は流芯で食う岩魚の多い事多い事。
とにかく流れの速いところで食うパターンだった。白泡の中とか。

流れの1番強いところを撃てるようにミノーのウェイトを上げる。
トラウトチューン55から55HWにチェンジ。
ピッチングしながら歩いてるとさっそくバラす。
さらに岩陰に隠れて落ち込みを撃っているとこれまたバラす。
何やってるんだ自分。
念のためにもう1回似たようなコースを通すとガツンとアタリ。
こちらからは岩で何も見えないがこれはデカい。バラせない。
25797ffb1-580x435[1]手垢まみれの表現だけど美しいとしか。23センチ。
ff6447d31-580x435[1]やはり20センチ超えたあたりから重さもファイトも全然違う。
言うなれば下にグングン潜るようなそれ。
一瞬尺いったかなんてよぎったけれどそれはもう全く届かず。
とはいえ上の写真のような狭い川にこのサイズがいることすらすごい事なのかもしれない。

続いて川を登る。
途中肉食獣の糞を見つけピエール瀧の物真似をしつつ。
「なんだか楽しくなってきたよ」

落ち込み真横に隠れサイドハンドでクロス気味に真横に投げる。
食う瞬間がまる見え。アマゴと違って見切られにくいのもまた楽しい。
04b8b8b61-580x435[1]サイズダウンするも22センチ。僕にしては上等。
ちょっと細長いかな。でもいい魚。

そして今日1番のキャスト難易度の場所に。
流木が邪魔するその先に落ち込みと大岩。
しかし流木を避けてキャストするにはかなり近づかなくてはならない。
遠くから流木を避けてさらにその先の落ち込みと大岩の間に入れなくてはならない。
1発で決めなければ。
キャスト。
ドンピシャで決まる。やるじゃない。
すかさず2ジャークですぐに返事が返ってくる。
これこれ。これが醍醐味だよなあ。
e61f411c1-580x435[1]21センチの真っ黒岩魚。写真だと明るい色してるけどもっと黒い。

これだけ釣れるとフックはバーブレスにしておくべきだったかなとちょっと反省。
今度からバーブレスフックに換装したミノーも用意しておこう。
そうそう、世間的にはスミスのD-コンタクトが1番釣れるミノーみたいだけどポーズやフォールを多用する僕にはトラウトチューンのほうが扱いやすかったりする。これはもう相性なんだけど。

帰り際に入渓地点ちょっと下でちょっとやってみたらチビ岩魚が1匹。
写真チェックしつつ勘定してみると10匹。
数釣りとか心底どうでもいいけど初の二桁釣行かもしれない。

釣果
岩魚 23センチ 22センチ 21センチ 他7尾

タックル
カーディフ64SUL 
カルカッタコンクエスト51S<
/span>
PE1号リーダーフロロ5lb

ヒットルアー
トラウトチューン55
トラウトチューン55HW

 

 - 飛騨川

Comment

  1. セイゴ より:

    やっぱり渓流の魚はきれいだな~
    おれも休みに渓流へ行ってアマゴでもねらいたいな~w
    カルカッタコンクエスト51sいいなーw
    おれ100しかもってないw

  2. よしだ より:

    渓流楽しいですけど最初はかなりハードル高いんで誰か釣りアホに連れてってもらうといいですよー。マジで死と隣り合わせなんで。
    カルカッタいいですよねー。
    丸型しか使えないんですがハイギアが無くて困ってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

CIMG0878-580x435[1]
渓流解禁初日のルアー釣行。

3月1日。渓流の全国的解禁。 さて、今年はどこ行こう。 去年の渓流デビューを支え …

0e0486e31-580x435[1]
宇田さんと益田川渓流ルアー釣行

久しぶりに宇田さんとの釣行。 鮎師の出勤前にアマゴ域に挑む。 も、不発。 1度明 …

dc775c021-580x435[1]
益田川に引きこもって尺岩魚2本!渓流ルアー最高と言わざるを得ない

そうだ、引きこもろう。 釣りをするときはね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか …

rs_DSC_0803-560x374[1]
シマノのスポーツカメラをテストしに益田川へ

突然のお誘いを受けて茶坊主さんと渓流に。 一人でも行く予定だったのでとても有難い …

rs_DSC_0846-560x374[1]
飛騨川アムネジア

今回もすこすこねっと茶坊主さんと渓流釣行。 急にお誘いいただきましたが急なお誘い …

69ffd8621-580x435[1]
益田川渓流釣行

ブログタイトル変えたほうがいいくらい渓流釣行が続く僕です皆さんごきげんよう。 例 …

rs_DSC_0004-560x374[1]
益田川で念願のヤマトイワナをゲット

最高の夏にしようやって事で今回もすこすこねっと茶坊主さんと釣行。 朝焼けが目に染 …

rs_DSC_0334-580x387[1]
尺岩魚一点狙いの渓流釣行

益田川渓流釣行。 前回でかい岩魚をバラしたのが少々悔しかったのも相まって宇田さん …

rs_DSC_0027
いつの間にか渓流が解禁していた件

憂い帯びた紺碧の心に深く鋭く響いて澄み渡って仕方ないので渓流に。 いつの間にか解 …

rs_DSC_0174_rs-560x374[1]
飛騨川で釣り名人と出会う

御岳山が噴火したその日その時間、ちょうど御岳山の近くで釣りをしていた。ああいった …