釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

益田川大支流ルアー釣行 アマゴ27センチ イワナ34センチ

      2015/01/19

アマゴ釣りたい。
できれば尺アマゴ。

地図とにらめっこ。
餌となる鮎がいるような場所はアマゴも大きいのではないか。
ということで岐阜は益田川の大規模な支流へ。

6時30分の気温15度。寒い。
対岸まで20メートル近くあるような支流。
当然流れは速く膝上まで水に浸かろうものなら動けなくなる。
いつもの渓流とは規模が違いすぎる。
わかりやすいポイントも無く不安になるが開始早々アマゴをバラして一安心。
いるじゃない。
いつもはルアーをアップに投げるような釣りが多いけれどここまで流れが速いとアップに投げると一瞬で流される。クロスが基本になるんだろうけれど流れを読むのが難しい。

アマゴを何本かバラした後に鮎師が入ってきたのでそそくさと退散。
川におけるパワーバランスがよくわからないけれど鮎師の爺さんが余裕で僕を追い越してバシャバシャ水の中入って行ったのでやはり鮎がいるような流域では鮎師が優先ということでよろしいのか。

とはいえ基本鮎は淵にいないようで淵は撃ち放題。
アマゴが掛かっても取り込みに苦労する。
渓流なら岸にずり上げたりぶっこ抜き放題だかれど川幅が広すぎて岸際にいる事が稀なのできちんとネットインせざるをえない。これがまた難しい。当然だけれど強引にネットインできるほどネットの柄は長くない。

そんなこんなでなんとかいなしてネットイン成功。
d74ff56d1-580x435[1]どうしてこんな流域に岩魚がいるのか不明。 25センチくらい。
しかしこうも流れが速いと抜群に引く。
流れに乗って下流に向かおうものならこんなサイズですらロッドがバットから曲がる。
いやそもそもこの流れの中で生活しているのだからポテンシャルが違いすぎる。

釣りあがりようやくアマゴをキャッチするも所謂新子サイズ。

橋の下に差し掛かる。
それはもの凄い流れの速さの大場所。
人間が一瞬で飲み込まれるくらいかな。泳げないレベル。
流れが緩やかな場所にはアマゴの群れが浮いている。
が、目の前にミノーを通しても無反応。
こんなアマゴは初めて見た。相当スレているのか。
仕方ないので流芯にミノーをぶち込む。
いるとすれば流芯付近。
あわよくばという思いで10投程色々なコースを試していると待望のバイト。
流芯で食った。これはでかいぞ。
いや、でもなんかこの首振りは岩魚のような。
いやまさかそんな。こんな流域、しかも流芯付近に居てたまるかよ。
7121585e1-580x435[1]岩魚でござった。こんな場所にもいるんだと素直に感心。
鮎ばかり食っているのかナイスファイトを見せ全く寄ってこなかった。
2cacd2bb1-580x435[1]34センチ。塗装全ハゲのトラウトチューン55HWにて。

鮎師を避けて釣り上がる。
谷と違いポイントとポイントが遠く、おまけに流れも速いので移動だけで疲れる。
7e9ef6191-580x435[1]やけに朱点の多いアマゴの他一切朱点のないアマゴも釣れた。
稚魚放流されたアマゴが成長したせいでルアーに果敢にアタックしてくる。おかげで釣りにくい。

c5592d061-580x435[1]いかにもなアマゴ域にも関わらず。

ecd1b1551-580x435[1]また岩魚。しかも良型だからなんともいえない気持ちに。

49fde5f61-580x435[1]写真ではわかりにくいけれどこの岩魚、金色である。
黄土色とかではなく金色。
9849d1281-580x435[1]あーもう全然金色に見えない。 所詮デジカメすなあ。

20センチ以下のアマゴはぽつぽつ釣れる。
いやしかし暑い。
朝は寒かったが日差しがきつくおそらく気温も高い。
途中で鮎師のおっちゃんと会話するとやはりこの流域で岩魚は珍しいとのこと。
とはいえ下流にダムもあるので居るには居るとの談。
特別珍しいというわけでもないそうだ。

1beb0a581-580x435[1]暑い。
驚く程流れが速いのでミノーも4つロスト。
水深はなくとも取りに行けるような流れではない。
岩に挟まるのも早くついに手持ちのミノーがリュウキ45Sのみに。

瀬がないような場所が続く。
アップクロスでドリフトさせながら釣りあがる。
ガツンといい手ごたえと同時に下流に走る魚。
この下流に走った時の引きはたまらんものがある。
ゴリ巻きで寄せてネットイン。

25センチないくらいだと思う。今日初のいいサイズ。

f10c237a1-580x435[1]

なにげない白泡の中にいた。

さらに釣りあがりアップで岩と岩の隙間を通した瞬間に鋭いアタリ。
釣りをしていて今まで1番鋭いアタリだといっても過言ではない。
先ほど34センチの岩魚を釣った時でさえ出なかったドラグが一瞬とはいえ出たのだから。
これはいいサイズなのでは。
アップで投げたので寄せるまでは簡単。
しかし寄せたところでローリングしまくりネットインどころではない。
いやしかしこれをバラしたら泣く。
もうずぶ濡れになりながらネットイン成功。なりふりかまってなかった。
a197df811-580x435[1]体高6.5センチ。
21b1d2a51-580x435[1]全長27センチ。尺いったかと思っていたがやはり尺のハードルは高かった。

とはいえ一応アマゴの記録更新。
バス釣りと違ってプロセスを楽しむ釣りとはいえやはりサイズは気になるのが性。
やっと安心して飯が食える。
9d56c8351-580x435[1]ここはアマゴ域どころか鮎がいるような流域だって?
こまけぇこたぁいいんだよ!

485d70281-580x435[1]ヒマワリが咲いているかと思えば。

b0e0c2861-580x435[1]アジサイが咲いていたり。
夏っぽいんだか夏っぽくないんだか。

bea600651-580x435[1]最後に釣った塩焼きサイズ。
暑いので午後2時前には納竿。

いいかげん琵琶湖に行かなきゃ。

釣果
岩魚 34センチ 他2尾
アマゴ 27センチ 他10尾前後

タックル
カーディフ64SUL + カルカッタコンクエスト51S + PE1号 + フロロ5lb

ヒットルアー
トラウトチューン55HW
リュウキ45S

 - 飛騨川

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

rs_DSC_0004-560x374[1]
益田川で念願のヤマトイワナをゲット

最高の夏にしようやって事で今回もすこすこねっと茶坊主さんと釣行。 朝焼けが目に染 …

rs_DSC_0803-560x374[1]
シマノのスポーツカメラをテストしに益田川へ

突然のお誘いを受けて茶坊主さんと渓流に。 一人でも行く予定だったのでとても有難い …

rs_DSC_0697-560x374[1]
クランクベイトで尺岩魚!渓流でクランクベイト使ってみた

昼にふと思い立ち飛騨川は益田川漁協管内に車を走らす。 午後1時、久しぶりの支流に …

rs_DSC_0084-560x374[1]
秋アマゴを求め飛騨川本流ルアー釣行

益田川渓流釣行 今回の釣行は茶坊主さんとクロロンさんとでランデブー。 今回は飛騨 …

rs_DSC_0174_rs-560x374[1]
飛騨川で釣り名人と出会う

御岳山が噴火したその日その時間、ちょうど御岳山の近くで釣りをしていた。ああいった …

317b18741-580x435[1]
お盆最終日益田川支流ルアー釣行 イワナ29センチ アマゴ24センチ

お盆最終日。嫁と割と近場の益田川へ。 今日のミッションは嫁にアマゴを釣らせること …

4fb5d9661-580x435[1]
渓流3回目も益田川支流をベイトで挑む

先週に続き今週も益田川へ。 全然ポイントがわからないので朝はドライブしつつポイン …

126ed84b1-580x435[1]
渓流ガイド。宇田さんと渓流初釣行

そんなこんなで宇田さんと渓流初釣行。 宇田さんは初渓流という事でなんとしてでも釣 …

CIMG0878-580x435[1]
渓流解禁初日のルアー釣行。

3月1日。渓流の全国的解禁。 さて、今年はどこ行こう。 去年の渓流デビューを支え …

DSC_0081-580x406[1]
熊との遭遇。渓流は怖いとこやで

ある日益田川で熊に出会った。 さくっと尺イワナ釣りたい。 目星はつけてある尺イワ …