釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

お盆最終日益田川支流ルアー釣行 イワナ29センチ アマゴ24センチ

      2015/01/19

お盆最終日。嫁と割と近場の益田川へ。
今日のミッションは嫁にアマゴを釣らせること。
なのだが。

17edc13c1-580x435[1]

 

さっそく僕が釣ってしまい。

しばらく釣り上がると謎の生簀を発見。
319d76811-580x435[1]中にはウグイが大量に。口に傷があったので誰かに釣られたみたい。
にしたってエグイ事するなあと全て救出。ウグイだけにってやかましい。
甘露煮か佃煮にするつもりでキープしてたらごめんなさいだけど。

藪を漕いで釣り上がる。もう既に暑い。
4ef8bf2a1-580x435[1]嫁にヒットするも岩魚。

901d52fd1-580x435[1]大物が潜んでそうな場所は何度もアプローチ。
コースを変えまくった揚句のヒットは
6be33ab61-580x435[1]岩魚。
いや、岩魚全然嬉しいんだけれどね。こんな場所だとちょっと意外。

そして嫁に待望のアマゴがヒット。
f2cd14231-580x435[1]リュウキ45Sにて初キャッチ。おめでとう。

僕は僕で
6544aa2b1-580x435[1]

aa718f731-580x435[1]

bf7eb7db1-580x435[1]手持ちの重たいミノーが残り1つしかないのでスピナーで遊ぶ。
というよりやっとスピナーを実戦で扱えるようにいじったというか。
ベースのスピナーはブレットンの#2を使用。
これに00番のスプリットリングをかませ10番のヨリモドシを追加しただけで激流をダウンで流しても糸ヨレに悩まされない。ヨリモドシは日本製が大変よろしい。さらにフックがデカすぎるのでこれまたフックを切断して00番のスプリットリングで任意のフックを装着できるようにした。

お盆のプレッシャーのせいか明らかにミノーよりスピナーのほうが反応がいい。
追う距離が短いのでミノーよりスピナーに分がある印象。
しかし嫁は頑なにミノーを使う。
c48412231-580x435[1]リュウキ45Sにて追加。
というか手持ちのヘビーシンキングミノーがリュウキ45Sしかないだけなんだけど。
さらに僕もリュウキ45Sにて
cde439091-580x435[1]歳くったな自分。
じゃなくて。
1390cba41-580x435[1]24センチのアマゴ。足場がおかしくてきちんと写真撮れなかったのが残念。
やっぱりアマゴのアタリは鋭くて気持ちいい。

24センチを追加したところで移動。
些か暑いのでイワナ谷に移動。
68740a001-580x435[1]さすがに魚影は薄い。

3854697b1-580x435[1]ここでもスピナー大活躍。

cb6ce4e71-580x435[1]糸ヨレがないのでストレスフリー。

明らかに魚の反応が悪くなったので飯に。
51f70c8c1-580x435[1]こんな堰堤ですら
a1287d381-580x435[1]おちびちゃんしか釣れない有様なので飯を食ってさっさと移動。

新規開拓した谷は高低差が激しい。
317b18741-580x435[1]

こんなとこ魚おるんかいなっていう気持ちとは裏腹に
ed5b7fcc1-580x435[1]超小場所にてイワナ29センチ。リュウキ45S。

イワナの谷かと思いきや
81ad6abd1-580x435[1]スピナーでちっこいアマゴが釣れたり。

d70a1e621-580x435[1]結局この谷も叩かれていたので帰宅となった。

釣果
イワナ 29センチ他数尾
アマゴ 24センチ他数尾
タックル
カーディフ64SUL + カルカッタコンクエスト51S + PE1.5号 + フロロ5lb
ヒットルアー
シュガーミノー50ES
ブレットン5g
リュウキ45S

 - 飛騨川

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

rs_DSC_0084-560x374[1]
秋アマゴを求め飛騨川本流ルアー釣行

益田川渓流釣行 今回の釣行は茶坊主さんとクロロンさんとでランデブー。 今回は飛騨 …

d6d697241-580x435[1]
尺イワナ!?益田川支流で記録更新

琵琶湖に行こう琵琶湖に行こうと思っていたのだが目覚めると朝の4時。 これでは琵琶 …

40e385d21[1]
益田川渓流ルアー釣行で熊に遭遇 尺岩魚×1

野生の熊との邂逅は幸か不幸か。 今回は幸いだったといえる。 今回は嫁と益田川へ。 …

rs_DSC_0334-580x387[1]
尺岩魚一点狙いの渓流釣行

益田川渓流釣行。 前回でかい岩魚をバラしたのが少々悔しかったのも相まって宇田さん …

rs_DSC_0803-560x374[1]
シマノのスポーツカメラをテストしに益田川へ

突然のお誘いを受けて茶坊主さんと渓流に。 一人でも行く予定だったのでとても有難い …

dc775c021-580x435[1]
益田川に引きこもって尺岩魚2本!渓流ルアー最高と言わざるを得ない

そうだ、引きこもろう。 釣りをするときはね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか …

rs_DSC_0846-560x374[1]
飛騨川アムネジア

今回もすこすこねっと茶坊主さんと渓流釣行。 急にお誘いいただきましたが急なお誘い …

rs_DSC_0174_rs-560x374[1]
飛騨川で釣り名人と出会う

御岳山が噴火したその日その時間、ちょうど御岳山の近くで釣りをしていた。ああいった …

f10c237a1-580x435[1]
益田川大支流ルアー釣行 アマゴ27センチ イワナ34センチ

アマゴ釣りたい。 できれば尺アマゴ。 地図とにらめっこ。 餌となる鮎がいるような …

0e0486e31-580x435[1]
宇田さんと益田川渓流ルアー釣行

久しぶりに宇田さんとの釣行。 鮎師の出勤前にアマゴ域に挑む。 も、不発。 1度明 …