釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

益田川渓流釣行

      2015/01/19

ブログタイトル変えたほうがいいくらい渓流釣行が続く僕です皆さんごきげんよう。

例によって寝坊をし起きたのは正午前。
よろしい、ならば渓流だ。

前回尺岩魚様が釣れた支流に入る。
先行者はいないけれど、いないというより叩かれた後の雰囲気まんまん。

釣り上がるにつれ疑念は確信に。
クモの巣の様子がおかしい。
誰かが払ったあとのようなそれ。
あちゃーと嘆くも他にいいポイントも知らずに移動は困難極まれり。

そしていいサイズのチェイスがやっと見れる・・・・も口を使うに至らず。
もう1度同じコースを通す。
69ffd8621-580x435[1] むっほ、むっちゃ綺麗な岩魚。

そうそう、カメラをきちんとした物を持ってこようかと迷ったのだが、釣れる前提でカメラを持ってくると釣れなくなりそうで結局持ってこなかった。クーラーボックスに氷を入れておくとボウズを食らう海釣りのそれに近い。

どんどん釣りあがるもチェイスがちらほらあるのみ。
全体的にアマゴが多いのでバイトに至る確率は皆無に等しい。
奴らの警戒心はすごいな。

もうそろそろ暗くなってきた。
ちょっとした流れ込みにミノーをピッチング。
流芯にミノーが差しかかった瞬間アタリというかブルブル感が。
3e3d58e91-580x435[1] アマゴにあるまじき不細工な写真を撮る。
綺麗な魚体だっただけに元写真部の僕としては自分の腕というかカメラ性能を呪わざるをえない。
専門的な話をするときちんとPLフィルター持参したのだけれどいかんせんAF性能がいまいちすぎてピンが甘くなる。やはりMF最強だとここに宣言する。

話をタイトルに戻し渓流でベイトタックルを使うことによって見えてきたこととは。
メリット?んなもんねえよ。という事。かといってデメリットもないってのが率直な意見。
強いて言うなら僕はキャストが下手だ。これ以上ないくらい下手だ。遠投なんてとんでもない。
そんな僕でもベイトリールに慣れてからは狙ってなくてもピンポイントにキャストがコンスタントに決まる。スピニングに持ち替えた途端そこらの木に引っかけてしまう。これにはベイトリール様々である。
とはいえ世間じゃベイトフィネスとかいうわけわかんないもんが流行ったおかげで軽量ルアーも投げられるリールもばんばん市場投入されトラウトの世界でもベイトリールの宣伝が始まるかもしれない。だから敢えてベイトリールをやせ我慢気味に無理して使ってきた僕が一石を投じる。ぶっちゃけメリット無いです。

 - 飛騨川

Comment

  1. 岐阜のバサー より:

    琵琶湖行ってきました!
    結果は・・・、大惨敗・・・orz
    なんでこんなことになったのか・・・
    彦根で釣りしたんですが、暴風&雨でして・・・
    最悪の天気でした^^;
    またリベンジしなきゃです><
    次はご一緒できるとうれしいです!

  2. よしだ より:

    お疲れ様でした!
    暴風×雨とかスピナベ効きそうな感じですけどねー。
    やはりこれからの季節は南湖のほうがイージーな感じがします。におのなんかライトリグで結構あがってるって話ですよ。

  3. 岐阜のバサー より:

    スピナベ投げ倒したんですが
    あたりも何もなくて・・・
    ライトリグは他のバサーさんたちもやってて
    すごくバスがスれてました^^;
    なんとか一匹だけって感じでしたね・・・
    次は南湖行きたいと思います!
    ぜひ、ガイドお願いします(笑)

  4. よしだ より:

    彦根はライトリグ組すごい多いですよね。あれはもうバス釣りっていうかなんか別のジャンルですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

d6d697241-580x435[1]
尺イワナ!?益田川支流で記録更新

琵琶湖に行こう琵琶湖に行こうと思っていたのだが目覚めると朝の4時。 これでは琵琶 …

0014424e1-580x435[1]
禁漁間近の益田川渓流本流ルアー釣行 アマゴ23センチ

禁漁が控えているので釣り納め。 が、人が多い。 いつもか閑散としている谷から支流 …

4fb5d9661-580x435[1]
渓流3回目も益田川支流をベイトで挑む

先週に続き今週も益田川へ。 全然ポイントがわからないので朝はドライブしつつポイン …

DSC_0026-560x315[1]
夏の終わり。飛騨川渓流釣行

益田川渓流釣行 今回は友人のゴリ氏を伴っての渓流釣行。 ゴリ氏、渓流釣りは初心者 …

rs_DSC_0846-560x374[1]
飛騨川アムネジア

今回もすこすこねっと茶坊主さんと渓流釣行。 急にお誘いいただきましたが急なお誘い …

0e0486e31-580x435[1]
宇田さんと益田川渓流ルアー釣行

久しぶりに宇田さんとの釣行。 鮎師の出勤前にアマゴ域に挑む。 も、不発。 1度明 …

7de850b51-580x435[1]
初アマゴ!人生2度目の渓流は益田川支流をベイトで挑む

けけけけ渓流行きたい。 よし、ならば行こう。タックルはもちろんベイトオンリー。 …

rs_DSC_0027
いつの間にか渓流が解禁していた件

憂い帯びた紺碧の心に深く鋭く響いて澄み渡って仕方ないので渓流に。 いつの間にか解 …

rs_DSC_0748-560x374[1]
渓流で野犬(?)に絡まれる

新規発掘も兼ねていざ渓流へ。 全く知らない場所だがアマゴの稚魚とカワムツがいらっ …

12c1f35e1-580x435[1]
2日連続益田川釣行

昼近くに起き、あてもなくドライブしているとうまそうな川の匂いが。 地図と照らし合 …