釣りとカメラとインターネッツ

岐阜の渓流ルアーフィッシングをメインに一眼レフのこととか書いてるブログ

渓流解禁初日のルアー釣行。

      2015/01/19

3月1日。渓流の全国的解禁。

さて、今年はどこ行こう。

去年の渓流デビューを支えてくれた益田川の年券を購入。

年券が値上がりしたせいかラミネート加工をしてくれた。

これで水に濡れても大丈夫そう。

とろあえず朝一は渓流デビューをした谷に。

・・・。

・・・・・。

・・・・・・・。

ここぞという場所でチェイスすらない。

思いの外暖かい日が続いたので雪代が入り込んで水温低下を招いているのかもしれない。雨が降って増水気味なのも気になるがプラスに働くことのほうが多そうだし。

CIMG0880-580x435[1]

まだまだツララは健在。長い物で3メートルほど。

お気に入りの落ち込みに到達したので撮ってもらった。

ちょっと編集荒すぎんよー。って事で

CIMG0877-580x435[1]

くっそ綺麗なアマゴ。教科書に載ってそうな侘びた色。

CIMG0878-580x435[1]

ストロボなしのご尊顔。この鋭角な鰭がたまらん。

テンションもあがり雪の進軍を口ずさみながら谷を遡上する。

と、不吉な物を発見。

CIMG0884-580x435[1]

画像中央部に注目。

CIMG0887-580x435[1]

同じような物がもうひとつ。

足跡は僕らの他にない。

にも関わらずよくよく観察すると雪に足跡の痕跡が。

解禁以前に誰か入っていらっしゃった模様。

死ねとは言わんからワキ毛の代わりにネギでも生えればいい。

やる気を削がれたので飯。

念願の味噌煮込みうどん。

CIMG0888-580x435[1]

具を持ってこればよかった。

CIMG0891-580x435[1]

渓流で食う味噌煮込みうどん、美味し。

って事で移動。

CIMG0893-580x435[1]

ネコヤナギ以外の収穫なし。

次。

CIMG0894-580x435[1]

八甲田山よろしく雪をかき分け結構な距離を遡上するもチェイスすらなし。

比較的冷水に強い岩魚域ですらまだまだ厳しそう。

というか雪が深いのでよほどのキチガイでもない限りまだ岩魚域は雪的な意味で厳しい。

堰堤を2つ超えるという無茶がたたり、脚が死んでしまったので撤退。

 - 飛騨川

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

5360f88b1-580x435[1]
初の二桁か。益田川渓流釣行

とくにすることもないので、そうだ、渓流、行こう。 こういう時に年券があるとすごい …

de68cd271-580x435[1]
またしても尺岩魚2本デタ!益田川渓流ルアー釣行

避暑を兼ねて益田川。 朝の気温は萩原で19度。むしろ寒い。 雨上がりということで …

DSC_0026-560x315[1]
夏の終わり。飛騨川渓流釣行

益田川渓流釣行 今回は友人のゴリ氏を伴っての渓流釣行。 ゴリ氏、渓流釣りは初心者 …

dc775c021-580x435[1]
益田川に引きこもって尺岩魚2本!渓流ルアー最高と言わざるを得ない

そうだ、引きこもろう。 釣りをするときはね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか …

rs_DSC_0846-560x374[1]
飛騨川アムネジア

今回もすこすこねっと茶坊主さんと渓流釣行。 急にお誘いいただきましたが急なお誘い …

d6d697241-580x435[1]
尺イワナ!?益田川支流で記録更新

琵琶湖に行こう琵琶湖に行こうと思っていたのだが目覚めると朝の4時。 これでは琵琶 …

DSC_0081-580x406[1]
熊との遭遇。渓流は怖いとこやで

ある日益田川で熊に出会った。 さくっと尺イワナ釣りたい。 目星はつけてある尺イワ …

rs_DSC_0116
2023年渓流解禁!3月5日の益田川支流

渓流解禁! というわけで解禁して早々思い立ち飛騨川こと益田川の支流へ赴くことに。 …

7de850b51-580x435[1]
初アマゴ!人生2度目の渓流は益田川支流をベイトで挑む

けけけけ渓流行きたい。 よし、ならば行こう。タックルはもちろんベイトオンリー。 …

DSC_0673
4月23日 益田川釣行

夏だ!川だ!釣りだ! という7月も半ばに差し掛かろうとしている現在にこの記事を書 …